ブログ|社会福祉法人 石見さくら会

オフィシャルブログ

いっ福(ぷく)しませんか?🌸令和6年1月号


画像をクリックすると印刷イメージが開きます。

お正月遊びを満喫

新しい年を迎えましたね🎍✨東保育所では、かるたやすごろく、羽つき、コマや凧などお正月遊びを満喫しています‼️

今年は、井原婦人会の方と、3•4•5歳児でお餅つき会をしました。餅つき機で餅米からお餅になる様子を見たり、5歳児クラスは臼と杵でお餅つきをしました。

婦人会の方と一緒に交流しながら楽しくお餅を丸めました🎵その後は、お楽しみの味見😋「甘くておいしい💕」と大満足の子どもたちでした‼️おやつにもいただきました🥰

お餅つきやお正月遊びを通して、正月らしい日本の伝統行事を地域の方や友だちと一緒に楽しむことができました☺️

事務局:「おやさいクレヨン」「バナナ画用紙」を寄贈いただきました!

島根中央信用金庫様より、「おやさいクレヨン」と「バナナ画用紙」を寄贈いただくこととなり、1月16日にいわみ西保育所で贈呈式が執り行われました。漆谷理事長、山﨑所長より感謝の意が表され、式後さっそく石見支店土井支店長様より園児へ手渡され、おやさいクレヨンに興味津々な様子が窺われました。その様子は山陰中央新報に掲載され、おおなんケーブルテレビでも放映される予定です。

*「おやさいクレヨン」とは
島根中央信用金庫様が代理店を務めておられる富国生命保険相互会社の100周年記念プロジェクトの一環として製作されたものです。「米ぬか」から採れる「米油」と「ライスワックス」をベースに、収穫の際に捨てられてしまう野菜などを原材料として作られたもので食品ロスの削減に繋がっています。万が一子どもたちが口に入れても安全な素材でできています。

*「バナナ画用紙」とは
オーガニックバナナの茎から採取した繊維と古紙や認証パルプを合わせて作られた紙です。

しまねでほいく「保育士の1日編」

事務局からのご案内です。
中学校や高校生等の皆さんが、保育士をより身近に感じ、将来の職業選択の1つとして考えていただけるよう、保育士の魅力をお届けする動画を島根県子ども・子育て支援課が作成されました。
保育士1年目と2年目のお2人が「保育士になった理由」「保育士の魅力」などを語ります。また、新人保育士を支える先輩保育士も登場します。

(公式サイト)保育士・保育所支援センター
〈保育のお仕事魅力紹介動画~しまねでほいくし「保育士の1日編」〉をぜひご視聴ください。

忘年会と餅つきと新年祝賀式

ディープな世界から、こんにちわ。香梅苑のウメ太郎です😊
皆様、新年あけましておめでとうございます㊗️🎍
本年もどうぞ宜しくお願い致します!

12月に忘年会、餅つき、1月1日には新年祝賀式を行いました。

12月20日に忘年会🍻
皆さん大好評のお寿司や厨房が手作り弁当を作って下さいました‼
ビールもありとても盛り上がりました。

餅つきでは利用者の皆さんと餅つき、餅を丸める作業を行いました。皆さん慣れた手つきであっという間に出来上がりました🤗

元旦には新年祝賀式を行いました。
皆さん笑顔で新年迎えられ乾杯した後、お節をいただきました。
そしてお昼からはおみくじを引いて運試し❗️😤

今年も利用者、職員共に健康に気をつけて笑顔いっぱいな1年になる事を願うウメ太郎なのでした。

いっ福(ぷく)しませんか?🌸令和5年12月号

印刷用はこちらをクリック

年末うどんの出来ばえは・・・・

毎年、年末にうどん作りをします(^^)

前日に生地を捏ねて、当日はナイロン袋に入れた生地を足で踏みます。
Adoの曲が流れると曲に合わせてノリノリで生地をふみふみ〜♩👣
ひとつの生地を友だちと順番に踏んでいきます。10分以上交代しながら踏んで、赤ちゃんのほっぺみたいにモチモチの生地が完成しました🙌

梅組(4歳児)さんは、手で生地をちぎりました🥢
「これくらいの大きさにしてねー」と伝えると「まかしてー!」と頼もしい梅組さん!あっという間にたくさんちぎってくれましたー。

桜組(5歳児)さんは、生地を伸ばして包丁で細長く切りました🔪
指を切らないように慎重に切る表情が凛々しく、成長を感じました^ – ^

味見の茹でたてのうどんは特別に美味しく、「もうちょっと頂戴」と手が伸びてきます!毎年、120人分の手打ちうどん作りは先生方が麺職人に変身して、子どもたちをサポートしながら、生地を伸ばし、包丁で切り、くっつかないようにまとめて美味しいうどんになります。

今年のメニューは「わかめおにぎり」、「けんちん汁&うどん」、「大根の酢の物」でした。
大きなお鍋にたくさん作りましたがペロリとたいらげてくれました。調理の先生もびっくりするほどでした。

「おれが作ったうどんはうまいわー!」と子どもたち同士で話すのを小耳にはさみ、保育所っていいなぁと感じたツユクサでした。
食べるのに夢中で食べている写真を撮り忘れてしまいました(笑)

神楽を堪能

ディープな世界からこんにちは!桃源の家の小ちゃいオッサンです。😁

桃源の家ではコロナ自粛以来、久々に大イベントを行いました!
地元、日和大元神楽団による大迫力の演舞「神武」「鍾馗」を心ゆくまでご堪能して頂きました。日和大元神楽団は六調子リズムにこだわり、脈々と受け継がれてきている歴史の古い社中とのこと。

太鼓や笛の音が鳴り響き、演者が姿を現わすと•••そこには顔馴染みの職員の姿も😆
会場のボルテージは一気に上がり、両手を上げて歓声を上げたり、体全体でリズムをとる入居者様などなど、大いに盛り上がりました🙌
地元に根付く文化が一人ひとりの体や心に染み込んでいるんだなぁと思う瞬間でした。

今年もあと1ヶ月

ディープな世界から、こんにちわ。香梅苑のウメ太郎です😊
11月も終わりに近づき、寒さも本格的になって来ました❄️🥶
香梅苑では色々なレクリエーションをしたり、時にはランチを取り寄せてみんなで美味しく頂いています😋
誕生月の利用者様には厨房が腕にヨリを掛けてお祝い御前が振る舞われ大変喜ばれます🥳
今年もあと1ヶ月、みんなで元気に年が過ごせると良いなと思うウメ太郎でした。

いっ福(ぷく)しませんか?🌸令和5年11月号


印刷用はこちらもクリック